52 顔

朝子は小学校の元校長先生だった。

好むと好まざるとにかかわらず、現役時代に否応なしに身につけざるを得なかったいかめしさの仮面はあらかた剥がれ落ち、いまは持って生まれた奥ゆかしさ、かわいらしさがそれに取って代わられていた。

剥がれ落ちた仮面のカケラを彼女はその都度丁寧に拾い上げ、ひてつ残らず宝箱に入れて大切に保管していた。

長時間の昼寝をして眠れない夜などに彼女は宝箱を開けてカケラをひとつずつ取り出しては、その瑪瑙のような色彩、ゴムのような質感、都道府県のような形状を指先と網膜で、心ゆくまで愛でるのだった。心身ともにリラックスし癒される。

それに飽きると立体パズルの要領でひとつひとつ並べてみる。ピースが組み合わさるにしたがい次第に節分の豆まきの鬼のお面にでも使えそうないかめしい形相が浮かび上がり、それがかつての自分の顔なのだと思うとこんな顔をして懸命に生きていたかつての自分に、よく頑張ったと声をかけてやりたい気分と、行方不明にならず生き抜いて穏やかで柔和になったいまの自分があることが、またとない奇跡のように思えて、感謝と安堵の深い息をもらすのだった。

仮面には一部欠けてる部分があり、その部分はまだ剥がれ落ちずに彼女の顔に張り付いていた。