9 雨月物語・大五郎さんの悪い予感が的中

いまだベストなヘアスタイルを見出せないでいる伊南村昇容疑者(二十四)が十一日午前、加古川署に死体遺棄容疑で逮捕された。
伊南村容疑者は犯行を認め、おっちょこちょいで思い込みが激しく、また友情に篤い己の性格がどうのこうのと、取り調べに当たった警察官に取り乱したような様子で早口でまくし立て、全然話についていけなかった警察官を慌てさせた。警察官は自身の聴取能力や想像力、つまりはコミニケーション能力(以下「コミュ力」と略)に問題があるのではないかといった自己不信に陥ることなく、伊南村容疑者に落ち着くよううながした。
伊南村容疑者は深呼吸すると、しかしそれだけでは私がやったことの説明には不十分だ、とまたもや警察官には理解不能な、独り言めいた発言を垂れ流した。伊南村容疑者が二日前の夜の出来事を俯瞰し、分析しようして上手くいかず、むなしくあがいていると察した警察官は、いつ刺されたのだろうか、と訝しがりながら、誰にも気付かれないよう、さりげなく自身のお尻をかいた。
規定枚数をオーバーすると査定に響く上、伊南村容疑者ではちっともラチがあかないので、私が事件をまとめると、殺害されたのは、寂しがり屋の恵久美彩子さん(二十二)。意外でもなんでもないことだが、彩子さんは、九九の七から九の段が苦手な数学音痴な女子ではなかった。そして恋愛の駆け引きにたけ、ゲーム感覚で異性間遊泳をし、周囲の男たちを翻弄する、小悪魔女子でもなかった。
そんな女子ではなかった彩子さんの、変わり果てた姿を発見したのは、安いスーツに身を包んだ会社員、棟田大五郎さん(二十四)。大五郎さんは、七三分けにちょびヒゲといった、ちょっとあり得ないような毛の処理を施した、エセ中国人風の若者ではなかった。
そんな若者ではなかった大五郎さんは、気絶して昏倒しても大怪我を負わないように、彩子さんの亡骸のかたわらにしゃがみこみ、自身の携帯電話から伊南村容疑者の携帯電話に電話をかけた。伊南村容疑者は、詳しい話は何も聞かないまま、緊急事態であることだけを察し、自家用車で彩子さんの自宅、菊花レジデンス102号室に駆けつけた。
そこには変わり果てた彩子さんの亡骸と、そのかたわらに横たわる、大五郎さんの気絶体があった。その光景から、伊南村容疑者は瞬時に、大五郎さんが彩子さんを殺害したと早合点した。伊南村容疑者はまず、大五郎さんをおんぶして運び出し、車に乗せて自宅に引き返し、ベッドに寝かせると、一人で菊花レジデンスに戻った。
大五郎さんが目を覚ましたのは、それから六時間後の翌深夜二時頃だった。大五郎さんは自分が誰で、今何時で、どこにいて、何をしているのか、しばらく分からなかった。ただ漠然と悪い予感がしていた。大五郎さんの悪い予感は的中した。その頃伊南村容疑者は、適当な場所を見つけ、故彩子さんを遺棄したところだったのである。