読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

22 連続爆弾爆発事件

連続爆弾爆発事件が解決した。
捕まえてみれば単なる馬鹿な大学生の仕業だった。
事件は市内の複数の空き地で相次いで発生した。使用された爆弾はインターネットで製造方法が公開されている簡易爆弾で、これに遠隔操作装置を取り付けた代物だった。一日に一件の割合で一週間続いたこの爆弾騒ぎは、犯人逮捕により終焉を迎えた。
野村と名乗るこの男は、かなり割に合わない仕事(犯罪)に精を出していた。彼は爆弾の製造、ロケーションハンティング、爆弾の設置から張り込み、実行等この犯罪に必要なありとあらゆる仕事を一人でこなしていた。そのワーカーホリックぶりはある意味敬服に値するほどであった。
彼の目的に見合う空き地を見つけるのはそれほど簡単ではなかった。空き地のすぐ近くに自動販売機がなければならなかったからである。彼は市内を隈なくロケーションハンティングし、候補地をいくつか見つけた。
早朝、候補地のひとつに赴き、周囲の状況などを再確認し、決行を決意すると、爆弾を設置し、その後、自動販売機から数歩のところでひたすら待つのが彼の日課だった。何を待つのかというと、千円札で自動販売機の商品を買う客が来るのを待つのである。そして客が千円札を自動販売機に投入した瞬間、爆弾を爆発させる。すかさず駆け寄り「テロだ!逃げろ!」と叫び、客を逃がすと、自動販売機の釣銭返却レバーを押し下げて、まんまと千円札をゲットするのである。
捜査が難航した理由は、千円のためにこれほど手間のかかる犯罪を考え実行する馬鹿がいるとは思いもよらなかったからである。
最終的に、空き地に爆弾を設置しているところを目撃された彼は、市民の通報により逮捕された。