読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

31 夏花粉さん、こんにちは

私が知らないことを体が知ってるってなんだか不思議です。
ナツフヨウなのかカゼアザミなのかカンナカムイソウなどの雑草なのかは知らないけど、夏にも花粉が飛んでるみたいで、私の鼻にも届いてました。私は全然知らなかったのに、体は知っていて、症状にして知らせてくれたんです。
体は全然悪くないんですけど、症状がややこしくて、じんま疹が出るんじゃないかという不穏な感じがずっと顔にあって、今日一日すごく不安でした。
症状というのは顔の皮膚の裏側?内側?的なところの細胞がうごめいている感じで、気が気じゃなかったんです。だから先生の話とかぜんぜん耳に入ってこなくて、お願いします、じんま疹だけは勘弁して下さいってずっと神頼みしてました。
告白すると、私はたまにすっごい悪いやつになってやろうって思うことがあるんです。だけどほんとに不思議なんですけど、体が反応するんです。体の調子が悪くなって、すっごい悪いやつになってやろうなんて思ったせいだと思って、ごめんなさい、ゆるして下さい、いい子にしますからって平謝り状態になるんですよね。私の暴走願望を体がセーブしようとしてるみたいで、体って安全装置みたいだなって思います。
当たり前といえば当たり前の話ですよね。私が100メートルを5秒で走りたいと思っても走れないのは、100メートルを5秒でなんかで走ったら、あんた、明日すっごい筋肉痛になるよっていう体からのメッセージですもんね???だから体は私のために私の願いを叶えない。
話を元に戻しますね。悪いことを考えると、細胞のうごめきがすっごく活発になるんです。今にもじんま疹として表面化しそうで不安で不安でやばいやばいって思いながら今日一日いい子にしてました。ほんとです。
結局じんま疹ではなくて、夏花粉のせいだったんですけど、夏花粉とわかって少し安心しました。夕方のニュースでやってました。
今日はほぼずっと神頼みをしてたから、良くも悪くも神様を身近に感じられた一日でした。
それにしても神様ってなんなんですかね?体のことですか?神様って恐ろしいですよね。私が何か悪いことしようとすると、必ず警告してきますし、それを無視すれば情け容赦なく仕返ししてくるし、だから私はおとなしくしてるしかないんです。顔にじんま疹だけはほんとに勘弁してほしいですからね。