われらの時代

なぜか生き残ってしまう。